院長ブログ

低糖質高タンパク質食について

2016年11月03日│院長│診療日記

最近、低糖質ダイエットがトピックになりあちこちで話を聞きます。
当院がお付き合いさせて頂いているライザップ様でも、かなり厳重な糖質制限を指導されています。
ここ最近、少し興味を持って情報を集めていました。
今回はその一部をご報告させていただきます。

 

最初は一時的な流行りものかと思っていましたが、調べてみると糖尿病の専門の先生にもお勧めしている方がいらっしゃいます。
確かに糖質を制限すると減量することは間違いないようです。また血糖値の上下も少なくなり糖尿病の方の検査数値も安定するそうです。
ただし反対意見もあります。

糖質制限は短期的にはそれほど問題ないようですが、長期的に糖質制限をすると問題も生じるようです。海外のデータでは、低糖質高タンパク質食にて心血管疾患の発症率が上昇するというデータもあるようです。どうやら低糖質高タンパク質食は動脈硬化を促進する可能性があるようです。
ライザップ様にも確認してみましたが、減量が落ち着いた方は糖質摂取量をある程度戻しているそうです。

 

以上より、低糖質高タンパク質食は一時的に取り入れることは問題なくダイエット効果も十分期待できるが、長期的には糖質も含めてバランス良く摂取する方が健康には良いようです。

 

前回ご報告した腸内細菌へも影響するような気がします。
もともと日本人はお米を中心とした食生活を送ってきましたから、腸内細菌叢もそれに合わせた構成になっているはずです。急にタンパク質中心の食事にするとバランスが崩れてお腹の調子が悪くなるかもしれませんね。

 

私はあまりお腹が丈夫ではないので、食事内容を大きく変更するととたんに下痢になります。まあこれは腸内細菌とは関係ないかもしれませんけど。
低糖質高タンパク質食をご検討中の方は、あまりストイックに糖質を制限せずほどほどが良いようですよ。

 

今回のお話しが少しでも皆様の健康にお役に立てば幸いです。
今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。

 

 

当院のフェイスブックページはこちらです!

当院の出来事や患者様からよくあるご質問など、「いいね!」をして下さった方にとって価値のある情報を更新していきますので、ぜひ「いいね!」をお願い致します!

Copyright 2013 長野県長野市のわかまつ呼吸器内科クリニック All rights reserved.