院長ブログ

スギ花粉症に対する舌下免疫療法について

2017年03月15日│院長│診療日記

こんにちは!長野市にあります、わかまつ呼吸器内科クリニック院長の若松です。

いよいよスギ花粉症の時期がやって参りました。

最近はインフルエンザの患者さんより花粉症の患者さんが増えてきた印象です。

 

 

当院は舌下免疫療法を取り入れているため、花粉症のシーズンになると舌下免疫療法によってどれだけ患者さんの症状が改善するかが気になります。

 

舌下免疫療法とは、スギ花粉を精製したエキスを毎日口の中に入れて、スギ花粉に体を慣らしてしまう治療です。一般的な花粉症の治療は抗アレルギー剤を使用してアレルギー症状を軽快させるのですが、舌下免疫療法はアレルギーそのものを起こしにくくする画期的な方法です。

詳細をお知りになりたい方は当院ホームページの特設ページをご覧下さい。

 

 

先日、舌下免疫療法の薬剤を販売されているメーカーの方より、先駆的にこの治療を行われている施設の治療成績の資料を提供して頂きました。

この治療は始まってまだ2年ほど経過した段階ですが、楽になっていると判断している患者さんが半数ほどいるようです。また症状をほとんど認めなくなっている患者さんが25%ほどもいるようです。

舌下免疫療法を始めた方々は、もともと花粉症で大変お困りになっていた方のはずですから、この結果は大変心強いものでした。

 

 

これから花粉症の本格的なシーズンに突入しますが、とても苦労してしまい何とかしたいとご希望なさる方はご相談下さい。

(この治療は花粉症のシーズンに開始することはできないため、当院は6月から開始する予定です。)

 

一般的な花粉症の治療も行っていますので、お困りの方はご相談下さい。

私も花粉症持ちのためしっかり準備したいと思います。

それでは皆様、予防もしっかり行い頑張って乗り切りましょう。

 

 

当院のフェイスブックページはこちらです!

当院の出来事や患者様からよくあるご質問など、「いいね!」をして下さった方にとって価値のある情報を更新していきますので、ぜひ「いいね!」をお願い致します!

Copyright 2013 長野県長野市のわかまつ呼吸器内科クリニック All rights reserved.