院長ブログ

iPhone8を購入して思うこと

2017年09月27日│院長│診療日記

いよいよ新しいiPhone8を購入致しました。 

 

今まではiPhone6Sを利用していたのですが、新しい機能を使いたくて機種交換と相成りました。特に私が期待しているのが、Apple Payです。 

 

 

Suicaと一緒に活用することで、電車のみならずタクシーなどで簡単に支払いができそうです。時々、東京にセミナーなどで出張するのですが、支払いのために小銭をかき集めたり、タクシーの方に迷惑にならないよう前もって千円札を用意しておいたりするのがとても面倒でした。しかし今はスマホで決済する事ができます(残念ながら長野市ではほとんど使えませんけど)。 

 

世の中はどんどん便利になっていますね。その裏では高度な処理が行われているのですが、我々はそれを意識することなく利便性を享受する事ができます。 

 

 

きっと医療もそうなってゆくでしょう。今まで不可能だったことがさも簡単なように実現してゆくのだと思います。そしてそれはとても良いことだと思います。クリニックだからこそできる新しいサービスを取り入れ、より皆さんの健康に寄与できるようになりたいと思います。 

 

カフェで自院のことを考えてみました。

2017年09月21日│院長│診療日記

カフェで自院のことを考えてみました。 

 

セミナーが青山で開催され出かけてきました。 

早く着いたためお昼ご飯を食べるために歩き回ったのですが、 

完全アウェイの状態でどこに行ったら良いのか分かりません。 

路地をウロウロ歩きやっと雰囲気の良いカフェを見つけて、コーヒーとパンを購入し頂戴致しました。

 

 

普段は忙しくてカフェでゆっくりご飯なんてできないので、これはこれで貴重な時間を過ごす事ができました。 

歩き回って感心したのですが、青山ともなるとハイセンスで高級感あるお店から今回のように自然派のお店まで沢山のお店が軒を連ねています。 

これだけあればきっと自分に合うお店を見つけることができるでしょう。 

逆にお店に個性がなければ選んでもらえないとも言えます。どのお店も外見、料理、接遇など工夫を凝らしているはずです。 

 

 

翻って考えてみると、そろそろ医療機関も個性が求められる時代になってきた気がします。 

当院はどんな医療をどんな形で提供する医療機関になりたいのか、改めて考えてみようと思いました。 

“わかまつ呼吸器内科クリニックはこんな所が良いよ“など、ご意見ありましたらどうぞご指摘宜しくお願い致します。 

LINEもいいね!

2017年09月13日│院長│診療日記

皆様の中で、LINEを使っている人はどれだけいらっしゃるのでしょうか。

 

 
私は今まで、メールとFacebookが情報の伝達手段でした。

 
しかし、今はLINEやTwitterなども有名ですね。

以前に大学生の姪に会った時にいろいろと教えて貰ったのですが、姪達の世代はLINEとTwitterとInstagramなんだそうです(Facebookは使わないそうです)。

私自身はネットの活用には疎くない方だと思っていたのですが、実際はかなり偏ってしまっていたようです。

 
そんな事からいつかはLINEをやってみたいと思っていたのですが、クリニックのスタッフ達との情報交換のため、LINEを使ってみることになりました。

20160903_line

 
使ってみるとこれはこれで便利ですね。しかも味のあるスタンプが沢山あり、これは感覚を重視する世代には受けるだろうなと感心しました。

 

 

良いものは良いと素直に受け入れられる感性を持ち続けたいと思う今日この頃です。

血糖値スパイクって? その2

2017年09月02日│院長│診療日記

今回も血糖値スパイクについて記載してみたいと思います。 どうやら10月8日にもNHKスペシャルで大々的に放送するようですね。

 

血糖値の過度な変動(血糖値スパイク)が血管壁を障害し、動脈硬化の原因になるというものです。NHKスペシャルでは、さらにこの血糖値スパイクが認知症やがんのリスクを高めることになると指摘するようです。 なんだかとんでもない病態がクローズアップされて不安になってしまいますね。

しかし、この病態は何もここ最近見つかったものではなく、以前から「隠れ糖尿病」と言われ、糖尿病の前段階と言われていたものです。ただし今ほど動脈硬化への影響が指摘されていなかったので、糖尿病の前段階と言われ気をつけましょうと指導されるのみだったわけです。

今後、この血糖値スパイクがどのように理解され対策が行われてゆくかはまだ未知数な所がありますが、血糖値スパイクを見つけて早めに対策することはとても良いことだと思います。 また血糖値の動きを自分自身で把握することは、生活を見直すことに直結します。どんなものを食べれば血糖値が上がるのか、食べる順番を変えたらどうなるのか、ゆっくり食べればどうなるのか、運動をするとどうなるのか、とても興味深いですね。その結果を基に改善すれば良いコントロールができるでしょう。

ただ血糖値は今まで毎回針を刺して血を出して測定する必要があり、とても自分自身でできるものではありませんでしたが、最近は簡便な方法が出てきています。簡単に説明すると、500円くらいの機械を腕に装着します。 この装置は小さな針が出ていて15分ごとに血糖測定をしてくれます。

実は今自分で試しているのですが、ちょっと違和感はありますが痛くもなんともありません。2週間連続的に測定して結果を出してくれるものです。

 

どんな結果が出るか自分でもドキドキしています。自分がやってみて満足できる内容であれば、皆さんへもご紹介したいと思います。 ここまでお読み頂きありがとうございました。

Copyright 2013 長野県長野市のわかまつ呼吸器内科クリニック All rights reserved.