院長ブログ

持続血糖測定器(フリースタイルリブレ)体験記 

 

持続血糖測定器(フリースタイルリブレ)体験記 

 

最近は、血糖値スパイクやら糖質ダイエットなど血糖値に関する報道も多くなっているため、自分の血糖値がどうなっているのか気になる方も多いのではないでしょうか。 

 

 

そんな中、簡便に自分の血糖値の動きを知ることができる機械が登場しました。 

腕に貼り付けておくだけで詳細な血糖値の推移を計って記録してくれる機械(フリースタイルリブレ)です。 

 

以前から興味を持っており自分で試してみましたので、いよいよご報告致します。 

 

 

方法は、500円を3枚くらい重ねたようなセンサーを腕の裏側に貼り付けて1〜2週間生活するだけです。 

 

 

このセンサーから細い針が出ていて、針先から血糖値を定期的に測定してくれます。腕に貼り付けるのはスタッフにお願いしましたが、見た目が少しゴツいので一瞬躊躇します。しかし思い切ってやってもらうとほとんど痛くなく、しっかりと腕に固定されます。スタッフに試してもらった時には血は出なかったのですが、私は少し出血してしまいました。ほっといても大丈夫との事でしたので様子見ていたら自然に止まりましたが。 

 

 

装着後は鈍い違和感があります。まあ針が留置されているので、ある程度は致し方ありません。痛くはないのですが引きつれるような重いような違和感です。少し痛いと感じる人もいるかも知れません。このセンサーは防水ですので風呂に入ることができます。実際に家に帰って風呂に入って寝る頃には慣れてしまい、それほど気にならなくなりました。 

 

 

ただ、服を着たり脱いだりする時に引っかけないように気をつける必要があります。センサーが外れるような激しい運動は避けるように書いてありますが、テニスは問題なくできました。水泳や他人と接触するような運動は止めた方が良さそうです。 

何となく腕を気にしながら1週間を過ごし、データを取って外してみました。 

 

 

さて結果は! 

次回、私の血糖値の結果を使いながらどんな結果が得られるかご説明しましょう。 

ここまでお読みいただきありがとうございました。 

Copyright 2013 長野県長野市のわかまつ呼吸器内科クリニック All rights reserved.