院長ブログ

読書から学んでいます。

2018年05月23日│院長│診療日記

読書から学んでいます。 

 

当院はたま〜にですが、読書発表会を行います。

自分が読んだ本について感想を述べてもらいます。 

何でそんな事をするのかと不思議に思われるかと思いますが、

読書から何かを学んでこれからの人生に活かして欲しいと考えています。

当院は若いスタッフが多いのでこのような取り組みも必要と考えています。

みんな一生懸命読んで素敵な感想を話してくれます。 

 

 

私は中学生の頃から結構な読書少年だったと思います。

司馬遼太郎さんの本はどれだけ読んだか分かりません。

「坂の上の雲」「燃えよ剣」「飛ぶが如く」「龍馬がゆく」など何度も読み返しました。

学生の頃は、村上春樹さんが非常に有名になった時なので、

これもご多分に漏れずほとんど読んだと思います。 

 

これらの読書経験が今の自分にどのような影響を及ぼしているのか正確な評価はできませんが、

想像力を養い自己を確立することができたのではないかと思います。

 

人がどう言おうが自分がこう思ったら進んでゆく性格は、

かなり影響を受けている気もします

(司馬遼太郎さんの主人公は、自分の道を信じて歩み続けた人達が多いですよね。かってな妄想ですが・・)。 

 

私もスタッフも、もっともっと読書を通して勉強し成長してゆこうと思います。

どうぞ皆様、今後ともご指導のほどよろしくお願い申し上げます。 

酒が弱いのは有利?

2018年05月07日│院長│診療日記

酒が弱いのは有利? 

 

最近、とても興味深いニュースがあったのでご報告します。 

理化学研究所などの分析により、日本人はお酒が弱くなるように進化してきたことが分かったそうです。

 

アルコールに弱い体質が何らかの理由で生存に有利に働いたと予想されていますが、なぜあえて弱くなるように進化したのかはまだ不明のようです。

欧米人がアルコールに強いのとは正反対ですね。 

 

 

酒が飲めないと肩身の狭い思いをしてきた方もいらっしゃるかと思いますが、その理由が解明されて飲めないなりの理由がハッキリすると、実はとてもありがたい体質だったという事になるかもしれません。 

 

なんだかとても興味深いお話しですね。 

また続報があればご報告したいと思います。 

 

Copyright 2013 長野県長野市のわかまつ呼吸器内科クリニック All rights reserved.