院長ブログ

がん検診について

2018年08月10日│院長│診療日記

 

がん検診について 

 

亀田クリニックの先生が貴重な情報を共有して下さっていたので皆様へもお伝えしたいと思います。

亀田クリニックは有名な亀田総合病院の系列施設です。日本を代表する医療機関の1つですね。 

さて今回の内容はがん検診の基準についてです。 

当院でも診療をしていると、がん検診をどうしたら良いかと質問を頂く事があります。 

毎年人間ドックを受けるというのが原則とは思いますが、全ての人が毎年ドックを受けるは難しいですね。

 

そこで亀田クリニック様が科学的根拠に基づき患者さんにお勧めしているがん検診の基準を以下に記載致します。 

 

○大腸がん検診:50歳〜75歳 便潜血毎年「2回法」か、大腸内視鏡3〜10年毎。家族歴がある方は要相談。 

○胃がん検診:50歳以上 胃バリウム検査を1〜3年毎か、上部消化管内視鏡を2〜3年毎。 

○乳がん検診:40歳〜75歳 マンモグラフィーを2年に1回。 

○子宮頸がん検診:性交開始後21歳〜65歳 子宮頸部擦過細胞診を3年に1回。 

○肺がん検診:55歳〜80歳、喫煙歴(1日1箱×30年以上相当)がある方のみ低線量肺CTを毎年。 

 

前述しましたが、可能であれば毎年人間ドックを受けしっかりチェックをなさって下さい。どうしても難しい方でも上記の基準範囲の検診はぜひ受けて病気の早期発見に努めて頂きたいと思います。皆様のお役になれば幸いです。 

ここまでお読み頂き誠にありがとうございました。 

 

Copyright 2013 長野県長野市のわかまつ呼吸器内科クリニック All rights reserved.