夏の湖で「あまちゃん」になる

こんにちは!長野市にあります、わかまつ呼吸器内科クリニック看護師の坂田です。

今年は珍しく熱帯夜も多い信州の夏。そんな時、海やプールに涼を求めたくなりますが、もう一つの選択肢「湖」はいかがでしょう?

 

 

湖水浴のいいところ。

そう、クラゲがいないんです!

8月ともなればクラゲの季節。痛いですよね~、クラゲ。。

 

この夏のテーマは「湖で泳ぐ」に決めた私は、

東北は『猪苗代湖』と、滋賀県の『琵琶湖』の2湖で

泳いでみました。

 

どちらの湖も長野からちょうど同じぐらいの距離感で

片道約370km。いつものようにクルマでGO!

土曜日の診療終了後に出発しても、夜ごはんの時間には現地入りできます!

 

猪苗代湖①(猪苗代湖)

 

琵琶湖①(琵琶湖)

 

湖水浴は、

淡水なのでサラッとしていてベタベタしないのです。

海のようにシャワーを掛からなくてもそのまま帰ることも出来ちゃいます。

 

塩水ではないので、日焼けにもやさしくヒリヒリ感も少ない!

浮力は、海の方がやはりありますが、浮輪を持っていれば問題なし!です。

そして、海のような波がほとんどないので、穏やかです。

やさしくマイルドな印象の湖水浴。

一度経験すると嵌ります!

 

 

そしてもう一つ、

今回嵌ってしまったのが・・

 

湖で貝を獲る。

 

そう、貝が獲れるのです!

しじみやカラス貝。

カラス貝は黒く細長のムール貝を思わせるフォルムをしています。

 

カラス貝としじみ(カラス貝としじみ)

 

≪貝の獲り方≫

そう、それは、ごく簡単。

シュノーケルつけて、水中で当たりをつけて・・・砂を手ですくう。それだけです。

 

お手軽なシュノーケルにも、ここ数年ちょっと嵌っております。

思わず「獲ったど~!!」と叫んでしまう漁師の世界です。

 

のんびり湖水浴を楽しもうと訪れたはずの私たち一行は、完全に

あまちゃんと化してしまいました。

 

シュノーケル(小さなあまちゃん)

 

≪貝はどこにいるのか?≫

砂に潜っていてパッと見ではわからないのです。

・・が!発見しました、どこにいるかわかる方法を!

すーーーーっと砂に筋がみえるのです。S字やグルっと回っていたりいろいろですが、その筋の最初か最後に、彼らはいます‼

今回の同行メンバーの一人、妹のダンナ君が編み出したその大発見により、その後の収穫率は格段に上昇!

 

ほら、こんなに!

貝(みんなの収穫分)

 

浮輪で泳いだりビーチボールで遊ぶ孫と旦那や娘たちを、湖岸の木の下で微笑ましく眺めるはずだった私の母ですが、

当方みんな必死で潜っており・・「みんなどこにいるのか全然わからなかった」らしいです。(笑)

(確かに、2つ上のカラス貝としじみの写真。よくみると潜りすぎて手がシワシワ…笑)

 

猪苗代湖 木陰  猪苗代湖④

あまちゃん姿をお見せしたいところですが、

恥ずかしいので今回は、やめておきます。(笑)

 

 

猪苗代湖③

 

 

 

獲ってきたカラス貝は、

妹のお家で「カラス貝の紹興酒炒め」になったみたいです。

しじみはしじみ汁に。

紹興酒炒め(カラス貝の紹興酒炒め)

 

 

ちなみに、琵琶湖でも貝が獲れるようですよ。

琵琶湖②(琵琶湖)

 

琵琶湖かき氷(琵琶湖で定番かき氷

 

 

水中運動は、水圧は呼吸機能に、抵抗は筋肉に、浮力は関節に優しく、水温は代謝を促す、といわれています。人は水に入ると安らぎや癒しを得るそうですよ。

海や湖と合わせて、身近なジムのプールで水中ウォーキングなども、心と体によさそうですね!

 

わかまつ呼吸器内科クリニック

診療時間 日・祝
8:30~12:00
15:00~18:00

休診日:木曜日、土曜午後、日・祝

※30台以上の駐車スペースあり
※車椅子用の駐車場もご用意しております
わかまつ呼吸器内科クリニック