春眠暁を覚えず

こんにちは!長野市にあります、わかまつ呼吸器内科クリニック検査技師の星野です。

 

すっかり春になりましたね。桜も満開になり過ごしやすい季節になりました。

さて春になるとこんなことわざを聞くことがあります。

 

「春眠暁を覚えず」

 

よく春になると暖かくなりつい昼寝をしてしまうこんな時に使われてよね。

しかし実際は昼寝のことを詠んだ詩ではないそうです。

この詩は中国唐の時代の詩人、孟浩然(もうこうねん)が読んだ詩の一節です。

この詩の全文は

 

「春眠暁を覚えず

諸処に啼鳥を聞く

夜来風雨の声

花落ちること」

 

意味としては

春の眠りは心地よく、夜が明けたのがわからない。

外からは鳥のさえずりが聞こえる。

昨夜は風雨の音がしていた。

いったいどれほどの花が散ったのかわからない。

 

春になると朝起きられない事を詠んだ詩だそうです。(その他の説もあるそうです。)

 

 

みなさんは朝しっかり起きられていますか? 不規則な生活をしていると、朝起きるがつらくなってしまいます。

自分の生活リズムを作り、規則正しい生活を送っていきましょうね。

 

わかまつ呼吸器内科クリニック

診療時間 日・祝
8:30~12:00
15:00~18:00

休診日:木曜日、土曜午後、日・祝

※30台以上の駐車スペースあり
※車椅子用の駐車場もご用意しております
わかまつ呼吸器内科クリニック