紅葉ともぐら駅

こんにちは!長野市にあります、わかまつ呼吸器内科クリニック検査技師の江口です。

 

11月に入り雪の便りがあちらこちらから聞こえるようになりました。ストーブやこたつが手放せない季節になってきましたね。

 

先日、家族で群馬県の谷川岳の紅葉とめずらしい駅に行ってきました。谷川岳は群馬・新潟の県境にある山で日本百名山の一つです。

 

山の写真標高1977m

 

 

土合から天神平を結ぶロープウェイに乗りました。約2.3㎞、片道10分の空中散歩は谷川岳の登山ルートや滝が見え、谷川連峰も一望でき紅葉を楽しむ事が出来ました。

 

ロープーウェイ

 

その後、めずらしい駅があると聞き、水上駅から電車に乗り土合駅に向かいました。

そこはトンネルの中にある駅に到着しました。地下ホームに降りると地上に向かう階段が登場します。長さ338m、段数にして462段。エスカレーターもエレベーターもありません。

途中の265段付近には休憩用のベンチが設けられてありますが、階段を登らなければ外へ出られない駅でした。

 

登り終わるとガラス戸に「お疲れさまでした」とメッセージがありますが、ここで終わりでなく「改札口まで143m階段二ヶ所で24段です。がんばって下さい。」と励ましのメッセージがありました。つまり計486段登りました。とても疲れました。

 

ホーム DSC_0796

 

なぜ上りと下りのホームが違うかというと、開業当時は単線でしたが上り勾配の急な単線を上り線専用にし、下り線は勾配を緩和するために下りと上りのホームが離れているそうです。

心霊スポットとの話もあるそうですが、皆様も日本一のモグラ駅「土合駅」を探索してはいかがでしょうか?

 

わかまつ呼吸器内科クリニック

診療時間 日・祝
8:30~12:00
15:00~18:00

休診日:木曜日、土曜午後、日・祝

※30台以上の駐車スペースあり
※車椅子用の駐車場もご用意しております
わかまつ呼吸器内科クリニック